高級デリヘルを呼んでみた

まとまったお金が入ったので、高級デリヘルを呼んだ! - 風俗嬢デビューした頃の私の思い出

風俗嬢デビューした頃の私の思い出

私が風俗嬢デビューしたのは18歳の時です。高校卒業してすぐに横浜に出て一人暮らしを始めましたが、バイトの給料だけじゃとても生きていけそうにないので風俗雑誌を見て、業界経験無し、処女、若いってことを優遇して募集していたデリヘルに連絡しました。

そこは高級デリヘルというところらしく、事務所はオフィスみたいな感じでした。面接してくれたのは店長さんで、デリヘルや業界についておもしろい話をしてくれたので緊張もほぐれました。
入店を決めて研修が始まりました。最初に女の子の待機場所を見ました。美人が多くてびっくりしました。
それから備品について教えてもらって、デリヘル嬢とキスキスキス仕事袋に詰めました。衣裳部屋には制服とかアニメや漫画のコスチュームがありました。
準備ができたら店長とホテルに行きました。お風呂を入れたり、服を畳んだり掛けたりお客さんの緊張を解すアドバイスをうけました。
コスプレも楽しめます
そして店長とお風呂に入りました。初めて見たし触りました。口での仕方とか大人のおもちゃの使い方とかを習いました。初めてのことなのに仕事だからか躊躇はありませんでした。
その時店長は何度も「いいから!もうとめて!出る」って言ってました。出さないのに必死でした。
あの時は田舎の小娘だったけど今ではだいぶスレてしまいました。

デリヘル嬢への思い


池袋風俗情報サイトヨナヨナ
ヨナヨナでは池袋の風俗情報を掲載しています。お店選びで迷ったらヨナヨナで検索してください!